ストーリー STORY

マクベスとバンクォーは、荒野で三人の魔女と出会い、 マクベスはやがてコーダーの領主さらには将来の国王となり、バンクォーは王にはならないが、その子孫が王になるという予言の言葉をかけられる。夫の帰りを待つマクベス夫人は夫からの手紙で予言を知ると、王位への野望をとげさせようと決意する。マクベスはダンカン王の暗殺に成功し王位を手にするが、すぐに良心の呵責に苛まれ怯え始める。不吉な予言に不安と怒りを煽られ、マクベスはさらに残忍な行為を重ね、気丈だったはずのマクベス夫人は罪悪感と血の幻影に悶え苦しみ錯乱状態に陥っていく。仏壇の向こうにある、桜のバーナムの森が動いた時に、マクベスの最期が決まる…。嫉妬、野心、猜疑心に見舞われたマクベス夫妻の運命はいかに。

相関図

top