キャスト CAST

かつて蜷川が世界に送り出した“伝説の作品”の上演を受け、一昨年には海外からも公演のオファーが殺到。
前年秋の香港公演で病に倒れた蜷川も、この報せを聞いて『NINAGAWA・マクベス』が新たに世界の観客に会うことを望んでいた。
本公演は、悲報を知った各国演劇関係者からの「公演を取りやめるのではなく、追悼公演という形で偉大な演出家の足跡を伝えたい」
という熱望によって実現したもの。2015年の上演に続き、マクベス役は市村正親、マクベス夫人役は田中裕子が務める。
ふたりをはじめとする蜷川組のキャストたち、そして蜷川とともに時代を創ってきたスタッフたちが、2017年、蜷川の遺志と共に海を渡る。

  • 市村正親
  • 田中裕子
  • 辻 萬長
  • 大石継太
  • 瑳川哲朗
  • 市村正親
  • 田中裕子

稽古では幾多のダメ出しを受けて、公演に入り、最後、台本にサインをお願いしたら、「頑張った。蜷川幸雄」と書いてくれました。これからも自分が演じる背景には、常に蜷川さんの魂が傍にいるような気がします。『NINAGAWA・マクベス』で海外公演に一緒に行けないのは無念だけど蜷川魂をこの胸に抱き、乗り込みたいと思っています。マクベスを本場ロンドンでというとプレッシャーは普通なら感じるでしょうが、僕には二-ナがついている。胸を張って乗り込みたいと思っています!

『NINAGAWA・マクベス』の稽古場で蜷川さんは「忘れないで。僕はいつもここに居るから。ここから見てるから」と、おっしゃいました。
あの稽古場でまた稽古を積み直し、市村さんのもと皆で、2017年の再演に向かいます。
楽しみにしていらしたイギリス公演にも、蜷川さんと一緒に挑みたいと思います。

  • 辻 萬長
  • 大石継太
  • 瑳川哲朗
top